検体検査機器


 血管外来、生活習慣病外来に必要な検査を院内で行えるように態勢を整備しています。

 特に糖尿病関連の検査機器を充実させています。これにより、血管病の予防に力を入れています。


尿検査

尿糖、尿蛋白、尿潜血、

ケトン、ウロビリノゲン、尿pHなどを測定します。

糖尿病に必要な検査です

生化学検査 

肝機能、腎機能、脂質などを測定します。

血算測定器

赤血球、白血球、血小板、白血球分画を測定します

HbA1c測定器

HbA1cを測定します。糖尿病のコントロールに書くことの出来ない検査機器です



血糖測定器

簡便な装置に見えますが、大型機器と比較して遜色のない高精度を誇ります。

Dダイマー測定器

深部静脈血栓症、下肢静脈瘤、血栓性静脈炎などで測定します。心房細動の患者さんもこの数値が上昇していると脳梗塞のリスクがあがるとされています。

血液凝固能(PT-INR)

血液凝固能の測定器です。抗凝固療法の効果を測定するために用います。

インフルエンザ迅速検査

インフルエンザ、溶連菌などの迅速測定器です。通常の測定キットよりも高感度なため、インフルエンザを早く正確に診断できます。