当クリニックの「ロゴマーク」について


今回は当クリニックのロゴマークについてです。

当院のロゴマークは見た感じのままで「ふくろう」です。私は適当に「ふくろう君」と名付けてます。

このロゴマークを制作してくださった方は、

「ふくろうは夜目が効き、非常に眼がよいことで知られていて、眼科医院のロゴマークとして用いられることの多い動物です。ふくろうの顔の周りに静脈を意味する青と、動脈を意味する赤をハート型にあしらい、クリニックからの気持ちを込めて作成しました」とのコメントをいただきました。おまけに小さいながらも足もキチンと描かれています。

 「クリニックのロゴマークをどうしようか」と思った際、いろいろと考えてクラウドソーシングの会社にお願いしました。その後、様々なクリエイターの方々から、「NODA」の頭文字の「N」をモチーフにした、たくさんのロゴマークのご提案をいただきました。どれも素晴らしい御提案ばかりでした。

 このロゴのご提案をいただいたときの最初の印象は、「これってロゴ?”N”がはいってないし・・・」。他に御提案いただいた数々のものとの違いに戸惑いを感じました。しかしなんとなく、「味がある・・・」、でもって「インパクトがある・・・」などなど心に引っかかるロゴだと感じられました。最後には康子先生と娘の推薦もあって「ふくろう君」に決定となりました。

 最初は、「ヘンなロゴ!?」とおもっていたのですが、いまではかなり気に入っています。当クリニックの特徴である「眼と、足と血管」のイメージにとてもふさわしいロゴマークだと思っています。

 なまえはとりあえず、「ふくろう君」なんですが、私にはネームセンスあまりないんで、なんかいい名前をつけてやりたいとおもっているのですが・・・いずれそのうち。

とりあえずクリニックともども、「ふくろう君」をよろしくお願いします。