康子先生、まさかの虫垂炎!

7月23日土曜日ころより、かなりの腹痛ありとのことで自宅で休養をとっていた康子先生でしたが、7月25日に急性虫垂炎が判明し、即入院手術となりました。急な入院手術のため、スタッフは予約患者さんの対応に大わらわとなりました。

患者さんならびスタッフには大変ご迷惑をかけてしまいました。

 

幸い手術は無事に行っていただき、順調な回復が見込めそうなのですが、眼科休診というこの危機的状況をなんとか乗り越えなければなりません。

 

まあ、長い人生いろいろあるか・・・と腹を括るしかないです。

まずは、内科として診療を粛々とおこなうのみ。