「皮膚を切開して、血栓をしぼりだす」とはとても痛そうに見えますが、実際には局所麻酔をおこなっていますので見た目ほどの痛みはありません。ほぼすべての患者さんが、「(血栓性静脈炎によって)重苦しい痛みが持続するよりも、搾り出して楽なるほうがずっとよかった」とお答えされています。