「ポリファーマシー」

 

NHK朝のニュース 「けんコン!」コーナー

 

2017年1月17日(火)

 

 

今回は「高齢者の薬と副作用」の話題です。多すぎる薬を飲むことを「ポリファーマシー」といい、

 

いま医療現場で問題になっています。ポリファーマシーに明確な定義はありませんが、

 

5、6種類以上の薬を飲んでいる高齢の方は注意が必要です。

 

*ポリは「多くの」、ファーマシーは「薬」という意味です。

 

 

 

多すぎる薬と副作用

 

 

 

高齢者の薬の飲み方と副作用に詳しい東京大学大学院老年病科、

 

秋下雅弘教授によると 多くの薬を飲んでいると薬同士の相互作用の

 

危険性が増し、いろいろな副作用が増える怖れが あると言います。

 

特に問題なのが、ふらつきや転倒による骨折。それに認知機能の

 

低下です。 実際、秋下教授らが行った調査では、飲み薬が6種類

 

以上になると副作用を起す高齢者が増えることも分かっています。

 

 

 

医療機関でもポリファーマシー対策が始まる!

 

 

 

 宇都宮にある栃木医療センターでは、おととし1月、医師、

 

薬剤師、看護師、地域連携室などによるポリファーマシー対策チーム

 

が出来ました。病院の中だけでなく、地域のクリニックや薬局との

 

連携にも取り組み始めています。

 

 まず医療センターでは、入院した患者のうち5種類以上の薬を

 

飲み、副作用の危険がある高齢者をリストアップ。患者の同意を

 

得たら、薬剤師らが現在、飲んでいる薬やその理由を患者本人を

 

はじめ、家族や主治医からも情報収集します。年末に太ももの付け根

 

を骨折して入院した79歳の男性も、入院を機に薬を見直すことに

 

しました。男性は7年前に脳梗塞を患い、介護が必要になりました。

 

現在は脳梗塞の再発予防の薬をはじめ、血圧やコレステロールを

 

下げる薬、さらには胃薬や爪水虫といった慢性疾患の薬など全部で

 

6種類の薬を服用。それらを総合診療医の診療のもと、家族とも相談

 

しながら薬の見直しを行いました。その結果、ふらつきといった

 

副作用のリスクがある血圧の薬を半分の量に減らし、同じく爪水虫の

 

薬を中止することにしました。また、こうした薬の変更は、地域の

 

医療機関へも情報提供しています。

 

 医療センターでポリファーマシー解消の取り組みを始めて2年。

 

薬の見直しを行った患者の薬の数は平均で9錠から5錠に削減できて

 

います。

 

 

 

秋下先生によると高齢者の薬との付き合い方で大事なのは、「医師や

 

薬剤師には必ず使っている薬を伝えること。」「自分だけの判断で薬

 

 を中止しないこと。」だといいます。